WEB集客マーケティング

【不動産会社向け】最新の集客術MEO対策|WEB検索結果に上位表示させる方法

シェアをお願いします!

株式会社Joh Abroad(ジョーアブロード)の中里貫太です。



「MEO対策とは何か」「不動産会社がMEO対策を行うとどんなメリットがあるのか」というように、不動産会社の方のなかにはMEOという言葉は聞いたことがあるが、MEOの詳細や活用することでのメリットは理解していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、MEO対策についての説明も含め、不動産会社がMEO対策を行うことで得られるメリットを分かりやすく解説していきたいと思います。

MEO対策とは

MEO対策とはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、「地域名+業種・サービス名」での検索時にGoogleマップ上に自社のGoogleマイビジネス情報を上位表示させるための施策のことです。  

 

SEOとMEOの違いとは

WEB集客を行う上で、SEO対策とMEO対策はどちらも有効ですが、実行することで得られる効果にはそれぞれ特徴があります。

前述の通り、MEO対策はGoogleマップ枠での上位表示を意味しますが、ローカル検索した際に自然検索よりも上部に表示されるのがGoogleマップです。対して、SEO対策は自然検索において上位表示させるためのものであるため、ユーザーからローカル検索された際に自社情報をより目立たせるためにはMEO対策が有効でしょう。

検索キーワードに地域名を含むキーワードからの集客を狙う場合には、MEO対策をご検討ください。

※ローカル検索とは、特定の地域や場所に関連するキーワードを含めて検索することで、それに適した検索結果を表示させることを指します。  

 

SEOとMEOの違いはコチラで解説しています。

【SEO?いやMEO】地域工務店・住宅会社の為のWEBマーケティング対策

不動産会社がMEO対策するメリット

MEO対策と相性の良い不動産業界では店舗集客が見込める

Googleマイビジネスでは、

①会社名 ②住所 ③電話番号 ④営業時間 ⑤写真 ⑥口コミ ⑦WEBサイトのURL ⑧商品情報

などの情報が表示されます。

「移住を検討中の地域付近にある不動産会社を探したい」「何時まで営業しているか」「来店する前に電話で求めている部屋があるのか確認したい」など、ユーザーの自社店舗への来店を促すための情報を網羅しているのです。

また、Googleマイビジネスの商品機能を利用することで、不動産会社が取り扱っている物件の情報(ペット可・駅から徒歩〇分など)を掲載できます。不動産業界のユーザーは「自身が理想とするものを比較・検討する」という行動に積極的であるため、ユーザーにとって有益な情報を提供でき、自社アピールに繋がるでしょう。

ユーザーが移住を検討中の地域付近にある不動産会社を利用することが多い不動産業界は、地域密着型のビジネスと言えます。 このような特性を持つ不動産業界では、移住を検討中の地域名を含めた検索方法になることも多いため、ローカル検索の検索結果に自社店舗の情報を上位表示させることが店舗集客するうえで重要な施策となります。  

 

費用対効果が高い

Googleマイビジネスは2014年に開始されたサービスということもあり、SEO対策に比べてMEO対策は認知度が低く、そもそもGoogleマイビジネスに登録していないという不動産会社も多数見受けられます。

Googleマイビジネスへの登録や利用は無料のため、自社内での運用であれば費用はかかりません。また、MEO対策に自社の従業員の工数を割きたくない、MEO対策の方法が分からないという不動産会社様には業者への依頼をおすすめします。 SEO対策であれば基本的に月10万円~30万円程の費用がかかりますが、MEO対策は月1万円~5万円程の費用での業務委託が可能です。

このように、認知度が低いため競合が少なく、運用費用も抑えられるMEO対策は費用対効果が高いと言えます。  

ローカル検索の表示順位は3つの要素で決まる

ローカル検索の表示順位が決定される仕組みとして、下記の内容がGoogleで明記されています。

主に関連性・距離・認知度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

 

関連性

検索ワードに対して、Googleマイビジネスの登録内容がどれだけ関連性が高いかが指標になります。

つまり、Googleマイビジネスの登録内容に含めるキーワードを工夫することで、自社でターゲットとしているユーザーに絞ったアプローチが可能です。 キーワード選定には、ツールの活用を活用しキーワードボリュームを確認するなどのいくつかの方法があるため、選定方法が分からない場合は業者の利用も一案としてあります。

 

距離

検索ワードの地域名と店舗までの距離が近いほど、自社のGoogleマイビジネス情報が上位表示されやすくなります。 ユーザーが検索ワードに地域名を含めなかった場合は、検索時のユーザーの位置情報に基づいて距離の近い店舗情報が優先的に表示されやすいです。  

 

認知度

認知度は自社がオンライン・オフライン上でどれだけ認知されているかが指標です。 オンライン上でのGoogleからの評価対象としては、Googleマイビジネスの口コミ数やWEB検索結果での掲載順位などが挙げられます。

また、WEB上での認知度は低いがオフラインでは広く認知されている企業も上位表示されやすいということです。  

 

 

MEOの詳細ついてはこちら。

【工務店のMEO対策】ユーザー認知率UPでWEB集客。Googleマップで上位表示方法

まとめ

地域密着型のビジネスである不動産業界では、地域のワードを含めた検索結果での上位表示と自社店舗への来店を促すことができるMEO対策は集客策として有効です。
ユーザーが不動産会社への来店を検討している場合には、Googleマップを利用して移住予定の地域にある不動産会社を探すことも多々あるかと思いますので、自社店舗への集客するためにもMEO対策をご検討ください。
MEO対策の方法が分からないという不動産会社様には、早期に効果を実感できるWEBマーケティングを専門とした業者への依頼もおすすめです。

 

(株)Joh Abroadでは、建設・住宅業界のYouTube・Instagramによる集客支援(ホームページを検索結果の1ページ目に表示させる)やベトナム人人材(外国人技能実習生、特定技能、エンジニア)の紹介、ベトナム人の免許取得支援、ベトナムCADセンターでのCAD図面作成代行サービスを行っております。

 

  ~問合せ~    

 

    会社名(必須)

    氏名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    役職

    お問い合わせ内容

    シェアをお願いします!

    -WEB集客マーケティング
    -, ,

    ©2021 株式会社Joh Abroad