ベトナム人の運転免許取得支援

ベトナム人の運転免許切り替えは危険!弊社が運転免許の切り替えをおすすめしない理由。

シェアをお願いします!

株式会社Joh Abroadの中里です。

本記事では、日本とベトナムの道路交通事情の違いについてご説明していきたいと思います。

皆さんはベトナムでの道路交通事情をご存じでしょうか。

日本は他国と比べ比較的、道路交通マナーは良いと言われていますが、実際にベトナムの道路や運転の仕方を見ていただくと、より日本の交通マナーの良さが際立ちます。

この写真を見て頂くだけでも、「車間距離が狭く、危ない!」「日本とは交通ルールが全く違う」と感じて頂けるのではないでしょうか。

このようにベトナムと日本では交通ルールが全く違うため、弊社では免許の切り替えはおすすめしていなく、新規での免許取得をお願いしております。

では、ベトナムと日本の交通事情について詳しく説明していきたいと思います。

 

日本とベトナム、クラクションを鳴らす意味の違い

日本では、道路でクラクションの音が聞こえるという状況はそんなに多いものではないと思います。それは、よほど危険な場合や、信号が青になっているのに前の車が進まない等の鳴らすしかない状況でしか使用しないからです。また、道を譲ってくれた自動車や人に対してのお礼の際に短くクラクションを鳴らす場合もありますが、こちらも頻繁に使用するものではありません。

では、ベトナムではどうでしょうか?

ベトナムの道路では、あちこちでクラクションが鳴り響いているのが日常です。ベトナム人がクラクションを鳴らす理由として、クラクションは主に道路上の自動車や歩行者に自身の存在を示すために鳴らすためのものという認識のため、日本では使用することのない自動車を追い越す際などに「これから追い抜くよ」という注意喚起のためなど様々な用途でベトナム人はクラクションを使用します

このような認識のままベトナム人が日本で運転してしまうと、トラブルが起こることは目に見えますよね。たまにニュースになっていますが、クラクションを鳴らされたことに立腹し、車を降りて言い合いになることや、傷害事件にまで発展し、警察が介入するような事態になる場合もあります。

 

日本とベトナムの交通ルールの違いとは

  • 横断歩道も油断できない!

日本では、横断歩道は歩行者優先という義務がありますが、ベトナムでは、バイクは右折の場合、赤信号でも止まらずに進んで来る場合がありますし、夜間は昼間では出さないような速度でバイクを運転する人が非常に多くなり、横断歩道でも減速せずに通過する、信号無視などの行為が日常的に行われています。また、ベトナム人には歩行者優先という文化がないため、道路を横断する際は非常に注意して渡る必要があります。

  • 右側通行

日本の交通ルールが左側通行であるのに対し、ベトナムでは右側通行のため、ベトナム人の方が日本で運転をする場合は、はじめの方は慣れが必要になります。

  • 前を走行中の自動車が優先

ベトナムでも日本と同様バックミラーの設置が義務付けられていますが、ベトナム人の間では前を走行中の自動車が優先という暗黙の了解のようなものがあるため、前を走行中の自動車がバックミラーの確認をせずにゆっくりと車線変更を行うということが共通認識となっています。

日本には、もちろんそのようなルールや認識はないため、ベトナム人が日本で運転する際にこのような運転の仕方をしてしまうと衝突事故につながる等の危険があります。

 

まとめ
日本とベトナムでは交通ルールに大きな相違があります。交通ルールの認識がベトナムのままだと、大きなトラブルに巻き込まれたり、交通事故を引き起こしたりと様々な危険性がありますので、弊社ではベトナムの免許から日本の免許への切り替えはおすすめしておりません。
そこで、ベトナムの方には教習所卒業という過程を経て運転免許を取得していただきたいと考えています。

 

(株)Joh Abroadでは、建設・住宅業界のYouTube・Instagramによる集客支援(ホームページを検索結果の1ページ目に表示させる)やベトナム人人材(外国人技能実習生、特定技能、エンジニア)の紹介、ベトナム人の免許取得支援、CAD図面作成代行を行っております。

 

~お問合せ~

    会社名(必須)

    氏名(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

    役職

    お問い合わせ内容

    シェアをお願いします!

    -ベトナム人の運転免許取得支援
    -, ,

    ©2021 株式会社Joh Abroad